Categories: 火曜

オナニーのおかず

友達が彼女の話をよくします。Hの内容も詳しく教えてくれるから俺にとってオナニーのおかずになっていました。おっぱいが巨乳だから片手でおっぱいを掴みきれないと言ったり、声が大きいから家でやると近所に聞かされないかとヒヤヒヤしたこともあったり、潮を吹きやすいからすぐベッドが汚れるなどまだ彼女には会ったことがないのにオナニーのおかずになるなんて申し訳ないなと思ってしまいます。
オナ電募集をして見つけたオナ電可能な女性にアマギフ先渡し
そんなある日、噂の彼女と会うことになりました。それは友達と家で飲んでいるときに彼女が突然やってきました。顔は普通だけどムチムチした体がいいなと思ってしまいました。彼女は俺を見て帰ろうとしましたが、一緒にお酒もないと誘い3人で飲みました。友達はお酒が弱いため先に潰れてしまいましたが、彼女と俺はお酒が強いこともあって2人でゆっくりお酒を飲みました。そして酔った勢いで下ネタトークをしたりすると彼女からH好きと教えてくれたので俺が冗談で今からやると言うと「彼が寝ているからいいよ。」と、言ってくれました。声が大きいと事前に聞いていたし、潮も出ると聞いていたので2人でシャワーを浴びながら楽しみました。その時は友達が寝ているとずっと思っていましたが、シャワーから出て友達を見たらなぜか寝ている位置が変わったなと思いました。しかし、彼女はそんなことを気にせずに、もう一回やりたいと言いましたが正直友達がちょっと起きているのではないかと不安になりさすがに2回戦やる勇気はありませんでした。
オナニーの見せ合い
オナニー指示