不倫掲示板で大失敗した経験者がサイト選びの重要性を教えします

MENU
RSS

 メッセージ送信をした相手の女性から返信を受け取ることに成功したのです。
この時は実に喜ばしい気分になってしまったものです。
お互いに相手探しをしている者同士として、やりとりを始められると言うことは、出会いの第一歩に繋がります。
自分自身も、妻とは違う女性との関係を求めて利用しているわけですから、これがスタートとなって不倫という関係を作ることができると思いました。
「家庭内に不満があるわけじゃないんだけど、どうしても不満な部分も解消出来ないんです。
私と関係を持ってくれますか?」
赤裸々な程に積極的なメッセージを送ってきてくれました。
こちらもそのつもりでありましたから、相手に即座に返信をしていたのです。
彼女は短いメッセージを送ってくるタイプの方でした。
もう少したっぷりと書いて、しっかりとやりとりをしたかった自分にとっては、ちょっと残念な部分でもありましたが、それでもメッセージ交換をすることができるのは嬉しいことでした。
何回か彼女とメッセージ交換を続けた後に、突然次のようなメールが送られてきました。
「普段ここは使わないので、凄く使いにくいんです。
よく利用しているサイトでやりとりをしませんか?
URLを貼っておきます」
別のサイトのURLアドレスが、そこには書かれていたのです。
彼女の言っている意味が全く分りませんでした。

掲示板のやりとりは全く問題なくできるのにもかかわらず、なんで別サイトに行かなければならないのか?一応そのアドレスをクリックしてみたのですが、どうやら有料の出会い系サイトのようでした。
無料でやりとりができているからこちらの方がよかったので、そのことを彼女に伝えていたのです。
しかし、同じようにURLを書いてくるのです。
このあたりからお互いのやりとりが全くかみ合わなくなってきました。
こちらの質問したことなどは完全に無視をする形で、一方的に話をしたり、別のサイトに誘ってくるのです。
全く話が進まなくなってしまったために、彼女との不倫を諦めることにして別の女性とやりとりを始めることにしました。