不倫掲示板で大失敗した経験者がサイト選びの重要性を教えします

MENU
RSS

 別の不倫掲示板を利用してみたのですが、やはり同じような感じで、別のサイトに誘導をしようとするような相手がいました。
これは本当に多くて、実際に出会いを探している女性なんかいないんじゃないのか?と考えてしまうくらいだったのです。
本気で不倫をしたいと思っている女性と知り合いたいと思っているのにもかかわらず、その気持ちを逆手にとって、詐欺で騙そうとするような悪質な奴らが本当に沢山いる事に腹立たしく思ってしまいました。
ただ、多くの書き込みがある掲示板だからこそ、中には本物の素人女性もいるんじゃないか、自分が考えている不倫関係を作ることができる相手も見つかるのではないかという、淡い期待を持っていました。
実際に別のサイトに誘導しないような女性とメッセージのやりとりをすることも出来たのですが、会う直前になって条件というものを提示してくるのです。
「ホ別イチゴか2でいいですか?」
「それって、どういう意味?」
要するにこれ援助交際をして欲しいと言ったものだったのです。
人妻の中でも援助交際でお小遣いを稼ぐような人がいるようで、掲示板の中でこのようなお願いを聞いてくれる相手探しをしているようでした。
しかし自分としては、そういった関係でのお付き合いを求めているわけではありません。
ラブラブな不倫関係と言うものも楽しみたいことから、援助交際などという一発限りの関係には全く興味がなかったのです。
その後いろいろとやりとりをしていったのですが、誘導型のサクラと援助交際の申し出ばかりで、さすがに疲れ果ててしまいました。
所詮こういったインターネットの出会いと言うのは、この程度の相手しか見つける事が出来ないのかもしれないと、意気消沈状態になっていました。
やはり不倫という関係を見つける事は簡単なものではないのだなと実感していったのです。